リファキシミン200mg

0

    リファキシミン200mg


    リファキシミンは、主に非侵襲性大腸菌による旅行者下痢症をはじめ、過敏性腸症候群やクローン病に対して使用される抗生物質です。有効成分リファキシミンは、細菌のRNA合成を阻害して増殖を抑え、殺菌作用を発揮します。腸から吸収されず、消化管内だけで効果を出すため、主に消化管内の局所感染治療に使用されています。血液中への吸収が極めて低いので、全身性の副作用がほぼ現われません。近年、リファキシミンは重篤な意識障害を引き起こす肝硬変の合併症である、肝性脳症の治療効果が実証されました。
    旅行者下痢症
    下痢・嘔吐・吐き気などの症状が、旅行先に存在する免疫のない微生物により現われる病気です。「種々の微生物による感染性腸炎の総称で、24時間以内に4回以上または8時間以内に3回以上の下痢で、少なくとも吐き気、嘔吐、胃部せん痛、発熱、便意促迫、腹痛またはしぶり腹、粘液便または血便の症状のうち、ひとつを伴う下痢」と、定義されています。素原性大腸菌、細菌性赤痢、サルモネラ、カンピロバクター、腸管付着性大腸菌などが、原因とされています。その他、ランブル鞭毛虫や赤痢アメーバなどの寄生虫やロタウイルス、ノロウイルスなどのウイルスも原因となります。ほとんどが、食べ物や飲み物からの感染です。重症化すると長期の下痢、腹痛、発熱、血便などを伴います。

    過敏性腸症候群
    過敏性腸症候群は、ストレス・寝不足・緊張などが原因で起こることが多く、大腸や小腸には異常が認められないにも関わらず、下痢や便秘などの便通異常と腹痛、腹部不快感などの症状が続きます。

    クローン病
    クローン病は、あらゆる消化管内に腫瘍ができるため、粘膜が炎症を起こし、、腸管内腔が狭くなる原因不明の慢性疾患です。腹痛、下痢、発熱、血便、肛門痛などの症状を繰り返します。進行すると、腸管や関節に合併症がおこる場合があります。

    リファキシミン200mg

    | 1/9PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM