L-シトルリン750mg(90粒)

0

    L-シトルリン750mg(90粒)


    シトルリンは、ゴーヤ(にがうり)やスイカなどウリ科の野菜に多く含まれるアミノ酸で、血管を広げて血行を改善したり、血管を強くしなやかにしたりする働きをもっています。

    食品から十分な量のシトルリンを摂取することは困難です。サプリメントで高濃度のシトルリンを補給することをおススメします。

    日本では2007年より、精力アップ(ペニス増大)、二日酔い防止、筋力アップなどを目的としたサプリメントの食品素材として使用が認められている成分です。

    L-シトルリン750mg(90粒)

    ダイエットサプリセット

    0

      ダイエットサプリセット


      ダイエットサプリセット4種をお得な値段で販売中!脂肪&糖質カット、むくみ&便秘解消で外からでも内からでもスリムに!ぜひこの機会にお試しください!

      ダイエットサプリセット

      バイオペリン

      0

        バイオペリン


        バイオぺリンの有効成分はブラックペッパーエキスからの抽出物です。身体の体温を上げて血行をよくするので、冷えやむくみを解消します。また、バイオオオペリンは摂取した栄養素の吸収を高めて、リンパの流れもよくします。体の代謝が上げるので、ダイエットにも効果が期待できます。

        バイオペリン

        ザクロエキス500mg

        0

          ザクロエキス500mg


          ザクロには天然の女性ホルモンが含まれているといわれており、女性ホルモンにかかわる更年期障害や生理不順への改善効果が期待されています。

          また、ザクロ抽出物に40%含まれているエラグ酸も抗酸化作用により、体内のDNAを調節することで細胞全体の健康を維持することが期待できるといわれています。

          エラグ酸は抗酸化作用によって、肌のシミやしわの改善効果があるともいわれています。

          ザクロエキス500mg

          MSMパウダー

          0

            MSMパウダー


            MSMパウダーは、アメリカの有名なサプリメントメーカーであるNow foods社から製造・販売されています。水やジュースなど飲み物に混ぜて簡単に摂取できるパウダータイプです。1日1〜2回ティースプーン1/2杯分を飲み物に溶かして摂取することで、花粉症やアレルギーの改善、加齢による関節などの「ふしぶし」の痛みや違和感の悩みを解決する効果が期待できます。

            MSMは花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎に使用されており、季節性アレルギー性鼻炎患者にMSMを30日間投与した結果、1週間程度でその症状が改善されたとの報告がされています。

            「ふしぶし」の違和感は、40歳ぐらいの中年以降に増加するといわれています。加齢による新陳代謝の低下や、女性、肥満の人、O脚の人、若い頃にスポーツを続けていた人は関節の違和感を感じやすいといわれています。アメリカやヨーロッパではこのような悩みに対し、「ふしぶし」効果のある栄養素を積極的に補充して対策しています。 その代表がMSMパウダーなのです。

            MSMパウダーは、歩き始めがつらい、階段はのぼるよりもおりる方がつらい、正座ができない、朝に起き上がるのがつらいなど症状がある方におススメの商品です。有効成分MSMはアメリカで開発された注目の新成分です。天然に存在する有機硫黄化合物であり、牛乳・野菜・果物など多くの食品中にわずかですが存在しています。硫黄は体内ではカルシウム、リン、カリウムに次いで4番目に多いミネラルで、骨や軟骨などの結合組織や体内の様々な生体反応に必要な成分です。

            とくに髪や爪、皮膚、関節の軟骨などに多く含まれていることがわかっています。MSMはその化学構造に硫黄を約34%含有し、摂取することで体内で必要な組織に硫黄を供給しています。体内に存在している硫黄の85%はMSMによって供給された硫黄であるといわれています。MSMは、アメリカでは関節障害、腰痛、肩背痛、筋肉痛に悩む方のために使用されています。

            具体的には、関節の痛みと炎症の緩和、美容(髪・爪・肌)、解毒・抗アレルギー作用(花粉症やアトピー)の問題解消のために使用されています。日本でも健康食品として認可されており、現在では多くのメーカーから製造・販売されています。とくに関節痛の緩和は、従来の関節緩和商品では効果のみられなかった炎症性の関節炎(リウマチなど)の痛みや炎症の緩和にも効果があるといわれています。

            関節の痛みを主訴とする変形性関節症患者にMSMを投与し、痛みに対する緩和作用について判定した結果、MSMを摂取したグループでは4週間で60%、6週間で82%の症状が改善されたと報告されています。

            MSMの作用メカニズムは正確には解明されていません。しかし、炎症やアレルギー性鼻炎の症状緩和作用の解明のため、炎症症状の時に上昇する検査値のC反応性タンパク質(CRP)を測定した結果、MSMの摂取後に68.1%の人がCRPが減少したと報告がされています。この効果が、MSMの痛みやアレルギー性鼻炎の改善に関与すると考えられています。

            MSMパウダーは、小麦、グルテン、大豆、トウモロコシ、牛乳、卵、魚、甲殻類、木の実を原料にして製造はされていません。しかし、これらのアレルゲンを含む成分を処理する施設で生産されているため、これらの成分にアレルギーのある方は注意してください。

            このMSMパウダーは、まれに色の変化が起こることがありますが品質に問題はないので安心して使用することができます。また、関節などの「ふしぶし」の悩みを抱えている方はMSMパウダーの摂取だけでなく生活習慣も改善することが推奨されています。適正体重よりも体重が重い方はダイエットをする、筋肉の衰えを予防するために適度に運動する、バランスの良い食事を心掛けるようにしてください。

            MSMパウダー

            MSMタブレット

            0

              MSMタブレット


              MSMタブレットは、アメリカの有名なサプリメントメーカーであるNow foods社によって製造・販売されています。

              MSMタブレットは、アメリカでは関節障害、腰痛、肩背痛、筋肉痛に悩む方のために使用されています。具体的には、解毒・抗アレルギー作用(花粉症やアトピー)のトラブル解消、関節の痛みと炎症の緩和、美容(髪・爪・肌)、のために使用されています。

              有効成分のMSM(メチルスルフォニルメタン)は花粉症・アトピーの改善が期待できます。

              花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎でもMSMタブレットは使用されており、季節性アレルギー性鼻炎患者にMSMを30日間投与した結果、1週間程度でその症状が改善されたとの報告がされています。

              有効成分MSMの作用メカニズムは、正確には解明されていません。しかし、炎症やアレルギー性鼻炎の症状緩和作用の解明のため、炎症症状の時に上昇する検査値のC反応性タンパク質(CRP)を測定した結果、MSMの摂取後に68.1%の人がCRPが減少したと報告がされています。この効果が、MSMの痛みやアレルギー性鼻炎の改善に関与すると考えられています。

              1日1〜2回1回2錠を食事とともに摂取することで、加齢による関節などの「ふしぶし」の痛みや違和感の悩みを解決することができるといわれています。

              関節のトラブルは、40歳を過ぎた中年以降に増加するといわれています。とくに、女性、肥満の方、O脚の方、若い頃にスポーツを続けていた方は関節のトラブルが起こりやすいといわれています。アメリカやヨーロッパではこのような関節の悩みに対し、効果のある栄養素を積極的に補充して対策しています。その代表的な栄養素がこの有効成分MSMなのです。

              MSMタブレットは、歩き始めるのがつらい、階段はのぼるよりもおりる方がつらい、正座ができない、朝に起き上がるのがつらいなどの症状がある方におススメの商品となっています。

              有効成分のMSMは、アメリカで発見された新成分で、現在日本でも注目を集めています。MSMはもともと天然に存在する有機硫黄化合物です。牛乳・野菜・果物など多くの食品中にもわずかですがMSMは存在しています。MSMはその化学構造に硫黄を約34%含有し、摂取することで体内で必要な組織に硫黄を供給しています。

              硫黄は体内ではカルシウム、リン、カリウムに次いで4番目に多いミネラルで、骨や軟骨などの結合組織や体内の様々な生体反応に必要な成分となっています。とくに髪や爪、皮膚、関節の軟骨などに硫黄は多く含まれていることがわかっています。体内に存在している硫黄の85%はMSMを摂取することによって供給された硫黄であるといわれています。

              MSMタブレットは日本でも健康食品として認可されており、現在では多くの医療系メーカーから製造・販売されています。とくに関節痛の緩和は、従来の関節緩和商品では効果のみられなかった炎症性の関節炎(リウマチなど)の痛みや炎症の緩和にも効果があるといわれ、日本でも多くの方に使用されています。

              関節の痛みを主とする変形性関節症の方にMSMを摂取させ、関節の痛みに対する効果を判定した結果、MSMを摂取したグループでは4週間で60%、6週間で82%の症状が改善されたと報告されています。

              MSMタブレットは、小麦、グルテン、大豆、トウモロコシ、牛乳、卵、魚、甲殻類、木の実を原料にして製造はされていません。しかし、これらのアレルゲンを含む成分を処理する施設で生産されているため、これらの成分にアレルギーのある方は注意してください。

              このMSMタブレットは、まれに色の変化が起こることがありますが品質に問題はないので安心して使用することができます。

              また、関節などの「ふしぶし」の悩みを抱えている方はMSMタブレットの摂取だけでなく生活習慣も改善することが推奨されています。適正体重よりも体重が重い方はダイエットをする、筋肉の衰えを予防するために適度に運動する、バランスの良い食事を心掛けるようにしてください。

              MSMタブレット

              植物性メラトニン3mg

              0

                植物性メラトニン3mg


                植物性メラトニンは、自然に近い眠りを誘導してくれるサプリメントです。
                1カプセルに有効成分としてメラトニンを3mg含有しています。

                有効成分もそれを入れているカプセルもすべて植物由来の成分で製造されているため、動物由来の成分を一切含みません。
                そのため、ベジタリアンの方やヴィーガンの方も安心して植物性メラトニンを摂取することができます。

                有効成分であるメラトニンは優れた睡眠効果が認められており、寝つきが悪い方や、夜に途中で起きてしまう方など短期の睡眠障害も長期の睡眠障害のどちらにも効果があります。

                睡眠を誘導するメカニズムは、体内時計によってコントロールされています。
                その人の生活リズムに合わせて脳内にある松果体といわれる部分からメラトニンが放出され、それにより眠気が誘導されます。
                メラトニンは睡眠ホルモンといわれており、昼間の日光が出ている時間帯にはほとんど分泌されず、夜になり日が沈むと分泌されます。

                体内リズムは、目の網膜に入る光によって調節されています。日光が網膜を通過すると、脳が朝になり起きる時間だと判断し、眠気が覚めます。
                夜になると暗くなるので、脳も夜だと判断しメラトニンを分泌し、眠気がくるという仕組みです。

                現代は夜でも明るく、それに加え、パソコンやスマートフォンの影響で不眠症の方が増えています。
                特に、パソコンやスマートフォンから出るブルーライトは刺激が強く、夜にも関わらず脳がまだ朝だと錯覚をしてしまい、体内リズムを崩し不眠症を悪化させる原因となってしまいます。

                このように体内時計のリズムが崩れると、メラトニンの分泌量が減ってしまい睡眠不足に陥ります。
                植物性メラトニンは、これらの不足してしまったメラトニンを補充することで不眠症を改善する効果があります。

                現在の日本の不眠症治療は、ベンゾジアゼピン系といわれる睡眠導入剤を使用するのが主流です。
                しかし、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は眠気を催す作用以外にも、抗不安作用、筋弛緩作用、記憶障害等の作用もあり、筋弛緩作用による転倒事故、記憶障害による起床時の忘却等の問題があります。

                さらに、長期間の睡眠薬の使用は依存症や耐性ができてしまい薬が効かなくなってしまう等の問題も出ています。
                しかしメラトニンは、それらの睡眠導入剤と違い体内にもともと存在する成分であるため、摂取することで自然な睡眠が誘導され、依存症を起こさず安全に使用することができるというメリットもあります。

                メラトニンの服用は生活習慣のリズムが崩れ昼夜逆転している不眠症の方や、海外旅行帰りの時差ボケの方、自然に近い睡眠をとりたい方におススメです。

                植物性メラトニン3mg

                ヨウ化カリウム(安定ヨウ素剤)32.5mg

                0

                  ヨウ化カリウム(安定ヨウ素剤)32.5mg


                  放射能の悪影響を抑えるヨウ化カリウムです。原発事故など被曝による甲状腺障害の予防に服用されています。ヨウ化カリウム(安定ヨウ素)は、一定線量以上の放射き性物質にさらされた直後や直前に服用することにより健康被害を防ぐことが可能です。原発事故により放出された放射性ヨウ素を体内に取り込むと、甲状腺がんの発症リスクが高まりますが、ヨウ化カリウムを事前に服用、または直後に服用することにより、被曝を低減することが可能です。

                  ヨウ化カリウム(安定ヨウ素剤)32.5mg

                  ブロッコリースプラウトエキス

                  0

                    ブロッコリースプラウトエキス


                    ブロッコリースプラウトは栄養素が豊富なことから最近メディアでも注目された野菜の1つで、ブロッコリーの発芽直後の食材のことを指します。ブロッコリーやキャベツ・カリフラワーなどのアブラナ科の植物にも含まれるスルフォラファンという栄養素をブロッコリースプラウトから抽出し、サプリメントにしたものがこのブロッコリースプラウトエクストラです。

                    ブロッコリースプラウトのスルフォラファンの含有量はブロッコリーの20倍と高く、高濃度のスルファラフォンを得ることができます。スルフォラファンとは聞きなれない単語ですが、どのような働きをしてくれるのかご紹介します。まず、スルフォラファンの効果を大きく5つに分かれます。

                    1つ目は花粉症などのアレルギー症状の改善です。アレルギー症状を引き起こす原因となる好酸球や免疫グロブリンなどの働きを抑制してくれる効果があるため、症状を緩和してくれます。

                    2つ目は有害物質の排泄促進です。スルフォラファンが解毒効果を促進してくれることによって、体内に残っている有害物質などを体外へ排出してくれるため、がんの予防や二日酔い対策としても効果が期待できます。

                    3つ目は活性酸素を除去してくれます。活性酸素が多くなりすぎると血流の流れを悪くし、動脈硬化や生活習慣病、肌のシミやシワなどの老化現象を引き起こす原因となってしまいます。スルフォラファンには活性酸素を除去してくれる働きがあるため、これらの病気を引き起こす予防となります。

                    4つ目は美肌効果です。シミの原因となるメラニン色素を作るチロシナーゼという成分の働きを抑制するため、シミを作りにくい肌を作ることができます。

                    5つ目は自閉症の軽減です。スルフォラファンには自閉症に大きく関わっている物質の減少を抑制しストレス耐性を強くしてくれます。

                    このようにスルフォラファンには多岐にわたる効果を期待することができるため、さまざまな用途でご利用いただけます。

                    ブロッコリースプラウトエキス

                    ビオチン5000mcg(大容量4ヶ月分)120粒

                    0

                      ビオチン5000mcg(大容量4ヶ月分)120粒


                      ビオチン5000mcgの有効成分はビオチンです。ビオチンは水溶性ビタミンの1種で、皮膚や粘膜の健康維持に関わる必須栄養素です。

                      海外では、ビオチンは必須栄養素として栄養強化の目的で広く使用されており、赤ちゃんのための母乳代々食品にもビオチンが入っています。

                      ビオチンはビタミンB群に分類され、ビタミンB7とも呼ばれています。以前は皮膚に生じる炎症を防止する因子として発見されたことから、ビタミンH(Hは皮膚をあらわすドイツ語のHautから)とも呼ばれていました。

                      ビオチンは主に動物の肝臓、卵黄、豆類等、様々な食品に含まれています。また、腸内細菌によってもビオチンは生合成されています。

                      ビオチン発見の起源は、複数の研究者によって発見されました。

                      ネズミが栄養障害で起こる皮膚炎として、多量の生の卵白を与えると起こる「卵白障害」と呼ばれるものがあり、目の周囲の皮膚が眼鏡状に脱毛し、姿勢の異常や痙攣性歩行を起こします。

                      1927年ボアス(M. A. Boas)は、この皮膚炎を防ぐ因子が種々の食物に含まれていることを発見しました。これは、ジェルシー(P. Gyoray)が1931年にビタミンHと呼んで発表したものと同じ因子と考えられました。一方、1936年にケーグル(F. Kogl)らは、卵黄から酵母の発育素ビオスであるビオスbという因子をビオチンと呼んでいました。

                      ジェルシーは、ビタミンHの性質がビオチンと酷似していることに気付き、ケーグルからビオチンの結晶の分与を受けて、やっとビタミンHとビオチンが同一物質であることが確かめられました。

                      有効成分のビオチンは、日本でもサプリメント等の保健機能食品(栄養機能食品及び特定保健機能食品)として承認されています。

                      皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素として、日本でも多くの方がビオチンを摂取しています。

                      ビオチン5000mcg(大容量4ヶ月分)120粒

                      << | 19/74PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM